宮城のニュース

<キャバクラ無許可あっせん>スカウト組織の3人再逮捕へ デリヘルに紹介疑い

 国の許可を得ずに女性をキャバクラ店に紹介した職業あっせん事件で、別の女性を性風俗店に紹介したとして、仙台中央署が職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで、スカウト組織代表の会社役員松波優也容疑者(26)=仙台市青葉区立町=ら3人を再逮捕する方針を固めたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、3人は共謀して2016年10月ごろ、売春をすると知りながら、30代の女性を仙台市内のデリバリーヘルス店に紹介し、紹介料を受け取った疑いが持たれている。
 女性は3人と知人の紹介で知り合った。女性が性風俗店での仕事を探していたため、デリヘルの仕事を持ち掛けたという。
 同署は他にも性風俗店を紹介された女性が複数いるとみて、調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月03日日曜日


先頭に戻る