宮城のニュース

<楽天>立花社長「今は一戦一戦」努めて明るい表情

 東北楽天は昨季のワースト記録に並ぶ9連敗を喫し、立花球団社長は観戦後に「まだシーズンは長い。みんなで頑張りますよ」と努めて明るい表情で報道陣に語った。
 首位ソフトバンクとのゲーム差は12.5に開き、2位に入ってクライマックスシリーズ(CS)を地元で開催することが現実的な目標となっている。その点について、立花社長は「今は一戦一戦。先を見ている余裕は全くない。一つ勝てば前に行くでしょう」と、まずは連敗ストップが大切だと強調した。
 試合前には梨田監督とグラウンドで話し合い、激励した様子。「また夜にも話をします」と話し、球場を後にした。


2017年09月03日日曜日


先頭に戻る