宮城のニュース

<楽天>オコエ存在感、8戦連続安打 死球も「大丈夫です」

 東北楽天の1番オコエが不調の打線で存在感を示した。8試合連続安打を記録し「とりあえず一本出てよかった」と言い、俊足を生かしたダイナミックな走塁も随所に披露した。
 六回に大きく弾む二塁内野安打を放つと、続く銀次の二遊間への内野安打で一気に三進。さらに四球で無死満塁となり、ウィーラーの併殺打の間に同点のホームを踏んだ。八回の打席では足の速さを意識した遊撃手がゴロに突っ込んで失策し、出塁。すかさず二盗を決めて好機をつくった。
 第1打席で千賀から左手甲に死球を受けて心配されたが、試合後は「大丈夫です」と元気な様子でバスに乗り込んだ。


2017年09月03日日曜日


先頭に戻る