宮城のニュース

<ベガルタ>きょうルヴァン杯準々決勝第2戦

 J1仙台は2日、YBCルヴァン・カップ準々決勝第2戦の鹿島戦(3日18時・カシマスタジアム)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。
 紅白戦では、3バックの左に入ったMF椎橋が、球際への厳しい守備を披露。控え組のシャドーストライカーを務めたMF佐々木は、前線を機敏に駆け回り、先発入りをアピールした。
 仙台は8月30日のホームでの第1戦を3−1で勝利した。第2戦は勝つか引き分け、負けても2試合の得失点差などでクラブ史上初の準決勝進出が決まる。
 渡辺監督は「鹿島は初戦の課題をしっかりと修正してくる。隙を与えずに戦うことを心掛ける」と語った。


2017年09月03日日曜日


先頭に戻る