宮城のニュース

<南三陸町>役場新庁舎が開庁 震災教訓生かし高台に再建

高台に再建された宮城県南三陸町役場の新庁舎

 東日本大震災で被災し、高台に再建された宮城県南三陸町役場新庁舎が3日、開庁した。町は震災の教訓を生かし、庁舎を標高61メートルに移して災害に強いまちづくりを進める。
 現地であった開庁式には関係者約120人が出席。地元の大森創作太鼓のチームが力強い演奏を披露し、テープカットを行った。
 新庁舎は鉄骨、鉄筋、木造を組み合わせた3階建てで、延べ床面積3772平方メートル。総工費21億5000万円は復興交付金などで賄う。
 町産杉を多用し、環境配慮型の森林経営や製造物を認定する国際機関「森林管理協議会(FSC)」の全体プロジェクト認証を取得した。
 海抜1メートルにあった旧庁舎は震災の津波で流失。隣接する防災対策庁舎で33人の職員を含む43人が犠牲になった。


2017年09月04日月曜日


先頭に戻る