宮城のニュース

体育大会中に入場門の看板が落下 児童ら9人けが

落下した看板が掛かっていた入場門=2017年9月3日、宮城県大衡村の大衡中
落下した看板=2017年9月3日、宮城県大衡村の大衡中

 3日午前8時35分ごろ、宮城県大衡村大衡の大衡中校庭で、村民体育大会を開催中、入場門に掛けられた看板が落下し、近くにいた参加者にぶつかった。大衡小1年の男女8人と40代の男性の計9人が頭や腰に軽いけがをした。
 大和署と村教委によると、看板は木や鉄パイプで作られた縦80センチ、横5.5メートル。村職員が同日、左右各2本のくぎで高さ約4メートルの門柱に固定していた。5人が病院に向かい、打撲や擦り傷と診断された。
 萩原達雄村長は「けがをされた方に大変申し訳ない。台風の吹き返しが影響したのではないか。今後はあらゆる事態を想定し、万全の態勢で臨む」と話した。
 大会は村が主催し、村民約1000人が参加した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月04日月曜日


先頭に戻る