宮城のニュース

<楽天>三木谷オーナー「監督去就議論早い」

三木谷浩史オーナー

 東北楽天の三木谷浩史オーナーは3日、福岡市のヤフオクドームであったソフトバンク戦を観戦した。チームは0−1でサヨナラ負けを喫し12年ぶりの10連敗となったが、「暗くなっても仕方がない。明るく頑張ってほしい」と報道陣に語った。
 前半戦、快進撃を見せたチームの失速について「少し疲れたのかな」と見方を示した。試合前は全選手を前に、「残りの試合は気分を入れ替え、新しいシーズンだと思って頑張ってほしい」と激励したという。
 来季の梨田昌孝監督の去就については「今はまだ日本シリーズに出られるチャンスがある。そういう議論をするのは早い」と語った。


2017年09月04日月曜日


先頭に戻る