宮城のニュース

<仙六野球>学院大と福祉大が勝ち点

東北大―福祉大 7回1死まで散発3安打無失点と好投した福祉大の先発大園

 第2節第2日は3日、仙台市の東北福祉大球場で東北工大−東北学院大、東北大−福祉大の各2回戦があり、学院大と福祉大が連勝した。学院大は勝ち点1を挙げ、福祉大は勝ち点を2に伸ばした。
 学院大は小野寺祐、加藤直、山内の3人の継投で無安打無得点試合を達成し、工大に4−0で快勝。福祉大は一、三回に楠本の2打席連続適時打などで奪ったリードを先発大園ら4人の継投で守り、東北大に3−0で零封勝ちした。
 第3節第1日は9日、同球場で仙台大−工大、学院大−宮城教育大の各1回戦が行われる。

◎学院大5回に先制
 工大−学院大2回戦(学院大2勝)

工 大000000000=0
学院大00003010×=4
(勝)小野寺祐1試合1勝
(敗)佐藤洸1試合1敗

 【評】学院大は五回、一死一、三塁から坂本、遠藤の連続適時打と押し出し四球で3点先取。七回にも1点を加え、3投手の無安打の継投でリードを守った。工大は打線が元気がなく、投手陣を援護できなかった。

◎福祉大零封リレー
 東北大−福祉大2回戦(福祉大2勝)

東北大000000000=0
福祉大10100100×=3
(勝)大園2試合2勝
(敗)谷口2試合2敗

 【評】福祉大が零封勝ち。先発大園が6回1/3を3安打に抑え、継投した3人も無安打で封じた。打線は楠本が2打点。一回に先制の適時二塁打、三回も中前適時打で差を広げた。東北大は打線が力負けした。

<4年生の投打の柱が活躍>
 福祉大は4年生の投打の柱が力を発揮した。先発大園は変化球を低めに集めて今季2勝目。楠本は2戦連続の打点を挙げたのに加え、四回には左中間の飛球をダイビングで好捕して左腕をもり立てた。大園は「楠本に点を取ってもらって気持ちが楽になり、気合が入った」と感謝する。
 同学年で仲が良い2人は開幕から好調を維持。大園は2戦連続で無失点で封じ、楠本も2戦で5打数4安打3打点とリーグ史上5人目の通算100安打まであと5本に迫った。楠本は「同じ4年生が頑張っている時は打って支えたい」と仲間を引っ張る。


◎史上初3人でノーヒットノーラン 3年生起用に奮起
 学院大投手陣がリーグ史上初の快挙を達成した。複数人による無安打無得点試合は1979年春季の宮城教育大が2人で達成して以来38年ぶり2度目だが、3人は前例がなかった。3番手の山内は「それぞれしっかり投げ切れた結果」と喜ぶ。
 アウトの内訳は三振8、内野ゴロ11、内野飛球4、外野飛球4。走者は四球5人、失策1人だけだった。
 リーグ戦初先発の小野寺祐が流れをつくった。切れのあるスライダーで6回7奪三振の好投。「無得点に抑えて次につなげようと全力で投げた」と笑顔で振り返る。加藤直は1回を抑え、最後は山内が2回を一人の走者も出さずに締めた。
 3人とも3年生。主戦鈴木遼と同じ4年生で投手陣の柱を担った長鈴がけがで引退し、起用した菅井監督の期待に応えた。「同級生で結果を出せてうれしい。今後もみんなでつなぎたい」と小野寺祐。菅井監督も「投手陣が奮起してくれた」と目を細めた。


2017年09月04日月曜日


先頭に戻る