秋田のニュース

<東北6県限定>即席スープに稲庭うどん 秋田の高校生が考案

稲庭うどんや7種類の具材が入ったスープ

 東洋水産(東京)は4日、秋田名物の稲庭うどんを使ったカップ入り即席スープ「マルちゃん 誉れの秋田 和風鶏だしスープ」を東北6県限定で発売した。
 食べやすいサイズにカットした稲庭うどんのほか、セリ、鶏肉、マイタケなど7種類の具材をふんだんに入れた。
 高校生対象の商品開発コンテストで優勝した金足農高(秋田市)の生徒が考えたメニューを商品化した。名称の「誉れの秋田」は秋田県民歌から引用した。
 同社の担当者は「具がたっぷりで食べ応えがある。高校生のアイデアで生まれたスープなので、若い人にも食べてほしい」とPRした。216円(税込み)。東北各県のコンビニやスーパーで販売する。


関連ページ: 秋田 経済

2017年09月05日火曜日


先頭に戻る