宮城のニュース

<ザ・モール仙台長町>東北初のラーメン店など20店 大規模改装10月19日オープン

 大手スーパー西友(東京)が運営するザ・モール仙台長町(仙台市太白区)が1997年の開業以来、最大規模のリニューアルを実施することが4日、分かった。リニューアルオープンは10月19日の予定。
 関係者によると、主に本館部分を改装する。新たなテナントとして、東北初出店の生活雑貨店やラーメン店などファッション、雑貨、食料品関連の約20店舗が入る。
 3階のフロアは子ども向けに特化したテナントをそろえる。既存の約40店舗は10月19日までに順次、改装する。リニューアル中も通常通り営業する。
 仙台圏は、JR仙台駅周辺に大規模な商業施設の開業が相次ぎ、各地区の競争が激しくなっている。西友はザ・モール仙台長町の魅力を高めて仙台駅前に対抗するため、開業20周年の節目に大規模改装を決めた。
 西友によると、ザ・モール仙台長町は本館が地上3階、アウトドア館が地上2階、映画館のMOVIX仙台が入るパート2が地上6階。売り場面積は約4万4000平方メートルで、約120のテナントが入っている。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月05日火曜日


先頭に戻る