宮城のニュース

木の遊具集合 幼子楽しんで 「木育広場」を開設

まちづくりセンターに開設した木育広場

 加美町は、子どもたちに木製のおもちゃや遊具での遊びを通して木に親しんでもらおうと、宮崎地区のまちづくりセンター2階に「木育広場」を開設した。
 約60平方メートルの一室に、ロープ付きの斜面やはしごで上り下りできる中2階、木の玉を敷き詰めたプールなどを備え、積み木やままごとといったおもちゃもそろえた。無塗装の県産杉材を多く使い、約350万円をかけて事務室を改修した。
 1歳児を連れた同町の主婦天野めぐみさん(44)は「家ではできないことができて、木に触れると心も落ち着く。また利用したい」と話した。
 利用できるのは町内外の未就学児と保護者。午前9〜午後4時。土日祝日に利用する場合は前日までに要予約。連絡先は0229(69)5120。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月06日水曜日


先頭に戻る