宮城のニュース

<仙台駅>秋の味覚 駅弁まつり 全国から100種類集合

JR仙台駅に全国各地の駅弁が並んだ

 全国の駅弁100種類を集めた「秋の味覚 駅弁まつり」が、JR仙台駅2階コンコースで開かれている。8日まで。
 初登場は、アナゴがたっぷり入った八戸駅の「三陸産やわらか穴子めし」(税込み1300円)、クリなど秋の味覚を楽しめる東京駅の「秋のたっぷり野菜弁当」(同870円)など6種類。仙台市で7〜11日に開催の全国和牛能力共進会宮城大会に合わせ、仙台牛を使った弁当6種も並ぶ。
 名取市の主婦佐藤えみさん(76)は「息子夫婦と孫への土産に海鮮の弁当を買った。喜んでくれると思う」と話した。
 JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ仙台支店が主催。午前10時〜午後7時(8日は午後6時まで)。売り切れ次第終了。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月06日水曜日


先頭に戻る