秋田のニュース

秋田の朝採り枝豆 新幹線車内で販売

秋田新幹線の車内などで期間限定販売している枝豆

 JR東日本秋田支社は、秋田新幹線の車内などで、ゆでた秋田県産枝豆を販売している。枝豆の車内販売は初の試みで、消費拡大を目指す県の取り組みの一環。9月末まで。
 県オリジナルの3品種を旬に合わせて用意。第1弾はうま味が強くコクのある「あきたさやか」で、9月上旬まで販売。中旬は香り豊かな「あきた香り五葉」が登場し、下旬は食べ応えがある「あきたほのか」に切り替える。
 いずれも朝採りを湯がき、パック詰めにする。1パック100グラムで税込み350円。午後に出発する秋田新幹線の一部列車や五能線の観光列車「リゾートしらかみ」、秋田駅中央改札前の売店で販売している。


関連ページ: 秋田 経済

2017年09月07日木曜日


先頭に戻る