宮城のニュース

<いちおし土産>ぎゃろご、おしょすぃ…?方言ユニークに紹介

ユニークなイラストがかわいい「大崎あばいん手ぬぐい」

◎大崎あばいん手ぬぐい/Avain(宮城県大崎市)

 「ぎゃろご」(おたまじゃくし)「おしょすぃ」(恥ずかしい)「たろひ」(つらら)…。大崎市の地図を配した白地に青のシンプルな手ぬぐい。ユニークなイラストとともに、方言がちりばめられている。
 同市古川のまちづくりNPO法人「Avain(あばいん)」が企画。副代表の足利文香さん(24)は「古里の文化に愛着を持ってもらえるものを作りたかった」と制作意図を語る。
 メンバー8人が地域の高齢者に聞き取るなどして39の言葉を選び、イラストは佐竹歩美さんが担当した。県外でも有名になった穴開き靴下「おはようくつした」や「ジャス」(運動着)も紹介。法人名の「あばいん」(おいで)も。
 足利さん自らがモデルになった使用書も付く。「いろんな形で使ってもらい、方言にも親しんでもらいたい」と足利さん。関連グッズの展開も考えている。

<メモ>1枚600円。大崎市古川台町2の21、「cafe Avain」(火、水、金曜の午後2〜7時)で販売。市内のウラバタケCafe、アメニティハウスTAMANOでも扱う。連絡先メールは、osaki.avain@gmail.com


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月07日木曜日


先頭に戻る