宮城のニュース

<女川原発>安全性「知事は再検証を」12団体が要望書

要望書を提出する市民団体のメンバー

 脱原発を目指す県内12の市民団体が6日、県庁を訪れ、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の安全性について再検証を求める村井嘉浩知事宛ての要望書を提出した。
 「女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション」世話人の篠原弘典さん(70)が「新規制基準が正しいかどうかを含め、最新の知見を踏まえて再検証してほしい」と要望。後藤康宏県環境生活部長は「対応を検討したい」と述べた。
 篠原さんは、任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)で4選を目指す村井知事が「女川原発再稼働の是非は争点にならない」と発言した4日の定例会見に触れ、「争点かどうかは有権者が判断すべきことだ」と指摘した。
 市民団体は女川原発再稼働の中止を求める7901人分の署名も提出した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月07日木曜日


先頭に戻る