宮城のニュース

坂上田村麻呂の伝説じっくり 登米で企画展

展示品を見学しながら行われた坂上田村麻呂伝説の解説

 登米市歴史博物館で開催中の企画展「坂上田村麻呂伝説〜東北に息づく田村ガタリ」の展示解説が2日、同博物館であった。
 市内外から歴史好きの22人が参加。坂上田村麻呂が建立に関わったとされる登米市周辺の7観音に関係する展示資料や、市内約60カ所に残る伝説について、学芸員の説明を聞いた。
 仙台市太白区から訪れた公務員今村信一さん(68)は「県北にこんなにも多く坂上田村麻呂に関係する伝説が残っていることに驚いた」と話した。
 企画展は24日まで。約50点を展示する。開館時間は午前9時〜午後4時半、入館無料。4、11、19日は休館。連絡先は同博物館0220(21)5411。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月08日金曜日


先頭に戻る