山形のニュース

トラックと路線バスが衝突 塩釜の男性死亡

トンネルの出入り口付近でトラックに正面衝突された路線バス(中央)=6日午前9時10分ごろ、山形県白鷹町滝野(山形県提供)

 6日午前8時25分ごろ、山形県白鷹町滝野の国道348号の白鷹トンネルの出入り口付近で、塩釜市貞山通2丁目、会社員遠藤鉄二さん(38)のトラックと山交バス(山形市)の路線バス=設楽和彦運転手(40)=が正面衝突し、遠藤さんが死亡した。死因は失血死。バスの運転手と乗客の10〜70代の男女計7人は軽傷。
 長井署によると、現場は片側1車線の緩いカーブで当時、路面はぬれていた。トラックはスタッドレスタイヤを装着していたという。同署は、遠藤さんがスリップして対向車線にはみ出したとみて原因を調べている。


関連ページ: 山形 社会

2017年09月07日木曜日


先頭に戻る