宮城のニュース

<ジャズフェス>あす開幕 仙台中心部48ヵ所に多彩な音空間

 全国最大規模の市民音楽祭「第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバル」(同協会主催)が9、10日、仙台市中心部で開かれる。今年のテーマは「OUR SPACE(アワー・スペース)」。街角が多彩な音楽空間となり、杜の都に秋の訪れを告げる。

 青葉、宮城野両区の48カ所にステージを設け、全国の約760組、5000人が演奏する。ジャンルはジャズをはじめロック、ポップス、ブルースなどさまざまで、幅広い音楽ファンを魅了する。
 ストリート演奏は午前11時〜午後6時で、一部会場は午後8時まで。プロのアーティストやジュニアジャズオーケストラ、高校生バンドなどの演奏ステージもある。
 両日とも正午〜午後9時、定禅寺通の東二番丁通交差点−晩翠通交差点間の北側車線が通行止めとなる。連絡先は協会022(722)7382。

◎市バス568便経路を変更
 仙台市交通局は9、10日開催の第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバルに伴い、市バス計568便の経路を変更する。
 両日とも正午〜午後9時に定禅寺通(青葉区)で交通規制があり、通常は定禅寺通を通る交通局東北大学病院前行きが北一番丁を走り、交通局東北大学病院前発は北二番丁を経由する。観光循環バス「るーぷる仙台」の計42便も迂回(うかい)する。
 連絡先は交通局案内センター022(222)2256。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月08日金曜日


先頭に戻る