宮城のニュース

<リボーンアート>10日いよいよ最終日 盆踊りでにぎやかに締め

 宮城県石巻市を中心に開催中のアートと食、音楽の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」最終日の10日、同市の中瀬公園の特設会場で「リボーンまつり」が開かれる。7月22日から51日間にわたったRAFは、地域住民らと共に盆踊りなどを行い、にぎやかに閉幕する。
 リボーンまつりでは、RAF実行委員長で音楽プロデューサーの小林武史さん(山形県新庄市出身)が作曲した音楽に合わせ、やぐらを囲んで盆踊りを楽しむ。振り付けはダンスカンパニー「コンドルズ」が担当。屋台も出店する。
 中瀬公園のテント内では、細美武士さんとTOSHI−LOWさんによるユニット「the LOW−ATUS」、小林さん、歌手のSalyuさんらによる有料の音楽ライブもある。
 リボーンまつりは屋台出店が午後3〜9時、盆踊りは同7時〜8時半。同4〜5時には盆踊りの練習会を開く。音楽ライブは同5時半〜7時。
 9日にはまつりのプレイベントを開催。小林さん、歌手のJUJUさんらが出演する有料音楽ライブが午後5時から、盆踊り練習会が同6時からある。
 チケットの購入などは公式ホームページhttp://www.reborn-art-fes.jp


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月08日金曜日


先頭に戻る