宮城のニュース

不漁で確保できず…気仙沼「サンマまつり」初の延期

気仙沼漁港に水揚げされるサンマ=2017年8月23日、宮城県気仙沼市

 宮城県気仙沼市の気仙沼魚市場前にある海鮮市場「海の市」で10日に開催予定だった「海の市サンマまつり」が、サンマの不漁の影響で延期されることが7日、決まった。まつりの延期は初めてで、17日に先延ばしされる。
 気仙沼漁港で水揚げされた2000匹を炭火で焼いて無料で振る舞う計画だったが、今週はサンマ船の入港が予定されていないため、サンマの確保ができなかった。
 気仙沼漁港は2016年のサンマ水揚げ量が本州3位(全国4位)。気仙沼漁協によると、今年は気仙沼漁港に初水揚げされた8月23日以降、サンマ船の入港がわずか4隻で水揚げは約180トンにとどまる。
 サンマまつりは、東日本大震災で被災し14年7月に再開した海の市が、同年9月から毎年開催している。
 海の市を運営する第三セクター、気仙沼産業センターの担当者は「この時期は確実にサンマが水揚げされると考えていた。来週こそはサンマ船が入港することを願いたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月08日金曜日


先頭に戻る