宮城のニュース

志望校の情報収集できた 仙台で大学など進学相談会

来場者に説明する大学の入試担当者

 「大学・短期大学・専門学校進学相談会」(河北新報社主催)が7日、仙台市宮城野区の仙台サンプラザホールであり、生徒や保護者、教員ら約450人が参加した。
 東北や北海道、関東を中心に全国の58の大学・短大、17の専門学校がブースを設け、担当者が教育内容や入試制度を説明。資料のみの参加は52校あった。奨学金や面接対策に関する講演も開かれた。
 養護教諭を目指す仙台城南高3年角田さやさん(17)は「第1志望の大学の話を聞き、入学したい気持ちがさらに強くなった」と語った。聖和学園高1年松本竜馬さん(15)は「志望校を決める情報収集ができた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月09日土曜日


先頭に戻る