宮城のニュース

<楽天>オコエ、2度の得点機を演出「気合マックスでした」

4回楽天1死一塁、オコエが左中間に二塁打を放つ=東京ドーム

 東北楽天打線につながりが戻ってきた。悪夢の10連敗を止めた5日の前戦に続き、2試合連続の2桁安打で6得点。池山チーフコーチも「何とか1点ずつという意識でいい流れができてきた」と復調の兆しを感じ取っていた。
 打線を勢い付けたのが9番オコエ。三回は1死で三塁内野安打から二盗、四回には1死一塁から左中間を破る二塁打で得点機を演出した。打順が前カードの1番から9番に下がっても「状況に応じたチームバッティング」を心掛ける。梨田監督も「チャンスメークをしてくれた」と活躍をたたえた。
 試合がなかった前日は休養日。オコエは「オフ明けで気合マックスでした」と舌も滑らかだった。


2017年09月08日金曜日


先頭に戻る