宮城のニュース

食べるべきか否か かわいいパイナップル

 ◇…「苦労が実った」。宮城県大崎市田尻の農業岩井義明さん(67)がいとしげに眺めるのは鉢植えのパイナップル。4年前にスーパーで購入した実から育て、今年初めて直径5センチ、長さ10センチの小ぶりの実を付けた。
 ◇…園芸が趣味で、10年前にパイナップルを育て始めた。冬は室内で育てるが、過去に2度、大きくなりすぎて運び込めず、枯らしたことも。今回は、3年目から鉢替えをしない作戦が功を奏した。
 ◇…目下の悩みは実を食べるか、枯れるまで観賞し続けるか。答えの出ないまま、秋の夜長は更けていく。(小牛田)


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月09日土曜日


先頭に戻る