宮城のニュース

<ベガルタ>練習復帰の梁勇基、鳥栖戦出場に意欲

梁勇基

 2019年アジア・カップ最終予選の北朝鮮代表に選ばれた梁勇基が8日、練習に復帰した。先発出場した5日のレバノン戦の疲れを見せず、「鳥栖戦に出られるようにしっかり準備したい」と意気込んだ。
 レバノン戦は左サイドハーフで後半17分までプレーし、2−2で引き分けた。「リーグ戦にしっかり出て、代表でいいパフォーマンスをしたいという気持ちが強くあった。(国際試合ならではの)独特な雰囲気を味わえた」と振り返った。
 チームを離れている間、仙台はカップ戦で過去最高の準決勝進出を決めたが、梁勇基に笑顔はない。「タイトルを取るまで満足できない。気持ちを切り替えてリーグ戦に臨むことが必要」と気を引き締めていた。


2017年09月09日土曜日


先頭に戻る