青森のニュース

青森県警男性警視 女性の体触る 減給1カ月の懲戒処分

 飲食店で知人女性の体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、青森県警本部の男性警視が減給1カ月(10分の1)の懲戒処分を受けていたことが8日、分かった。
 県警によると、警視は5月下旬、勤務時間外に知人女性らと訪れた県内の飲食店で酒を飲み、女性の体を触るなどした。この女性から相談を受けた知人が7月上旬、県警に相談して発覚した。県警の事情聴取に、警視は触った事実を認めたという。
 県警は「職員の指導監督をいっそう強化し、組織を挙げて同様の事案の再発防止に取り組む」としている。


関連ページ: 青森 社会

2017年09月09日土曜日


先頭に戻る