宮城のニュース

<楽天>卓球の張本がノーバウンド始球式 願い込めた背番号「1」

 卓球のチェコ・オープン男子シングルスで優勝した仙台市出身の張本が始球式に登場した。
 東北楽天ファンの張本は背番号1のユニホームを着てマウンドへ。始球式前、岸から投げ方を教わったといい、右腕からノーバウンドで投球し球場を盛り上げた。「背番号には大会で1位を狙うという意味を込めた。嶋選手のミットにボールが収まってくれて良かった」と笑顔を見せた。
 一番好きな選手という茂木と対面し、刺激を受けた様子。「スポーツで絶対に勝つという気持ちは一緒だった。全力で練習し、世界一を目指して頑張りたい」と気持ちを新たにした。


2017年09月10日日曜日


先頭に戻る