宮城のニュース

労務管理の在り方学ぶ 15日仙台でシンポ

 中小企業での働き方を考えるシンポジウム「労務管理最前線〜『労働時間』の落とし穴〜」(仙台弁護士会主催)が15日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館で開かれる。
 労働問題に詳しい土井浩之弁護士、特定社会保険労務士の門田陽子氏(仙台市)、広告印刷会社ユーメディア(同)の今野彩子取締役を招き、労使協定(三六協定)など労働法制の仕組みや現状についてパネル討論する。
 午後5時から中小企業向けの無料の法律相談会を開く。先着8人。通常30分約5000円の相談料が無料になる。当日以外の無料相談も受け付ける。先着30人。どちらも事前予約が必要。
 シンポは午後2時から。入場無料。相談予約は(0570)001240。問い合わせは弁護士会022(223)1001。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月09日土曜日


先頭に戻る