宮城のニュース

<仙台市議会>議長に自民・斎藤氏 副議長には公明・菊地氏

 仙台市議会(定数55)は11日、正副議長の2年交代の慣例に伴う正副議長選を行い、議長に最大会派・自民党の斎藤範夫氏(63)=泉区、4期=、副議長に第2会派・公明党市議団の菊地昭一氏(66)=若林区、5期=を選出した。
 国政与野党が激突した7月の市長選の構図を継承。郡和子市長の対立候補を支援し、市議会で多数を占める自民、公明両会派を中心とした「市政野党」が議会運営の主導権を握り、郡氏の議会対策はより難しくなりそうだ。
 議長選では自民、公明、市民ファースト仙台が支持した斎藤氏が、3会派の合計人数に当たる35票を集めた。民進党系の市民フォーラム仙台や共産党市議団、社民党市議団が推したアメニティー仙台の田村稔氏(63)=宮城野区、5期=は20票だった。
 副議長選も議長選と同じ構図で、菊地氏が35票、市民フォーラム代表の岡本章子氏(53)=太白区、5期=が20票だった。
 当選後のあいさつで斎藤氏は「公正で円滑な議会運営に取り組む。行政当局とは一定の緊張関係の下で真摯(しんし)に議論する」、菊地氏は「不断の議会改革が必要だ」と決意を述べた。

◎市長選のしこり色濃く

 仙台市議会の正副議長選は第1(最大)会派から議長、第2会派から副議長を選出する慣例通りの結果の陰で、7月の市長選を背景にした会派間の激しいさや当てがあった。各会派の動向は市長選での郡和子市長に対する支持・不支持の枠組みと同様になり、郡氏と議会の今後の関係に影響する可能性がある。
 正副議長選で斎藤、菊地両氏を推した自民、公明、市民ファーストの3会派の議員は、市長選で郡氏の対立候補を支援。郡市政下では野党の位置づけだが、計35人と過半数を占める。正副議長選後にあった五つの常任委員会の改選でも投票により、各正副委員長ポストを3会派で独占した。
 正副委員長は従来、共産を除く各会派でポストを分け合うなど議会内で配慮もあった。正副議長と正副委員長がセットで事前調整された今回は「数」での決着を望む野党3会派と、配慮を求める市民フォーラム、共産、社民の与党3会派が折り合わず、与党側は正副議長選で田村、岡本両氏を担いで対抗姿勢を示した。
 市長選の余韻が残る中で行われ、与野党の「ガチンコ勝負」は不可避だったとも言える。遺恨の清算につながるか、さらなる禍根を残すかは「これでノーサイド」(野党議員)、「数の論理優先の議会運営となることを危惧する」(与党議員)と見方が分かれる。
 郡氏は就任以来、自民などとも融和路線を模索しているが、与野党の対立が続けば市政運営や議会対策の足かせになりかねない。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年09月12日火曜日


先頭に戻る