宮城のニュース

<宮城知事選>候補擁立 共産・社民に呼び掛けも 民進会派が方針確認

 任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)で、宮城県議会の民進党系会派「みやぎ県民の声」(10人)は12日、会派総会を開き、独自候補擁立にこだわらず、共産、社民両党に候補者擁立を呼び掛けることを確認した。
 4選を狙う村井嘉浩知事(57)が3期目に掲げたマニフェストの達成状況について両党と意見交換し、対応を協議する。藤原範典会長は「両党から候補者擁立の動きがあれば会派として検討する。共産党系の候補だからといって推せないわけではない」と述べた。
 総会では、安住淳県連代表と桜井充代表代行を推す声も上がった。15日の民進県連幹事会までに、村井県政への評価や独自候補擁立など知事選対応について、会派としての意見集約を目指す。


2017年09月13日水曜日


先頭に戻る