宮城のニュース

<七十七銀>ロボットアドバイザー導入 最適な投資プランを案内

 七十七銀行は12日、インターネット上で簡単な質問に答えると、お薦めの投資プランを自動案内する「ロボットアドバイザー(ロボアド)」を導入した資産運用支援サービスの取り扱いを始めた。
 ロボアドは、明治安田アセットマネジメント(東京)提供のロボアド&シミュレーションを活用。同行ホームページから専用画面に移動し、年齢や投資額、リスクとリターンの考え方など五つの選択式の質問に答えると、国内株式や海外債券などの最適な組み合わせ案、リスクとリターンの割合などが表示される。
 例示した投資信託商品は、同行のインターネットバンキングで購入することができる。同行営業開発課は「新サービスを通じて投資に興味を持ってほしい」と期待する。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月13日水曜日


先頭に戻る