宮城のニュース

「不正こらしめたい」ゲームソフトにウイルス仕込む 男性を書類送検

 仙台中央署などは12日、不正指令電磁的記録作成と同供用の疑いで、金沢市、ホストクラブ男性従業員(20)を書類送検した。
 送検容疑は5月21日、オンラインのシューティングゲーム「サドンアタック」の無料サイトに、ゲームを有利に進める不正ソフト「チートツール」を装って他人のパソコンを遠隔操作する自作のコンピューターウイルスを置き、同市の男性(20)と県警サイバー犯罪対策課の男性捜査員のパソコンにダウンロードさせた疑い。
 同ゲームはキャラクターが無敵になったり、相手より早く動けたりするチートツールがまん延しているという。同署によると、「ゲーム上で不正をしている人をこらしめたかった」などと容疑を認めている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月13日水曜日


先頭に戻る