宮城のニュース

<楽天>投打が振るわず 日本ハムに完敗 今季9度目の零敗喫する

日本ハム戦に先発した楽天・美馬=2017年9月12日、札幌ドーム

 東北楽天は投打が振るわず完敗。先発美馬は四回1死一、二塁から横尾に左中間3ランを浴び、五回にも西川に右中間2ランを喫して5回5失点で6敗目。2番手安楽も六回に2失点で突き放された。打線は大谷の前に六回途中まで1安打。以降も救援陣に封じられ、今季9度目の零敗を喫した。
 日本ハムは先発大谷が5回2/3を無失点にしのぎ、今季初勝利。

 日本ハム−東北楽天21回戦(東北楽天14勝7敗、18時、札幌ドーム、29,648人)

東北楽天000000000=0
日本ハム00032200×=7

(勝)大谷3試合1勝2敗
(敗)美馬22試合9勝6敗
(本)横尾2号(3)(美馬)=4回、西川8号(2)(美馬)=5回

☆梨田の話ダ

<何とか思い切って>
 「明日から西武と対戦する。本拠地ではこの前に勝っているので、何とか思い切って(戦いたい)。明日は藤平だが、点を取らないとどうしようもないので」(2位争いのライバル西武との2連戦に向け、気合を入れ)

☆イヌワシろっかーるーむ

<藤田一也内野手(三回に投前への犠打を決め、プロ野球史上40人目の通算200犠打を達成)>
 「前に走者がいないとできない記録なのでチームの皆さんに感謝したい。自分のプレースタイルはつなぎ役なので、その役目がこの記録につながった。これからもこのスタイルでチームに貢献していきたい」
 青山浩二投手(故郷の北海道で2年ぶりに登板し、1回無失点)「札幌で久しぶりに投げ、集中した投球ができたのは良かった。一試合ずつ、投げる幸せを感じてやっている」

<与田剛投手コーチ(5回5失点の先発美馬に)>
 「5失点はしたが、球自体はいいボールが増えてきた。(四回は不運な安打からの失点だが)何とか抑えようという気負いが強すぎたのかもしれない。気負いがあったとしても、結果を出せる方法を見付けないと」


2017年09月13日水曜日


先頭に戻る