宮城のニュース

<楽天>安楽、初の中継ぎで2失点

安楽智大投手

 安楽が、今季初めて中継ぎ登板したが、六回の1イニングを2失点と結果を出せなかった。「慣れない部分はあったが、力を出し切れなかった」とうつむいた。
 7日の日本ハム戦を今季最短の3回2失点で降板。梨田監督が「先発で悪かったので救援で」と起用したが、先頭横尾にファウルで粘られて四球を出すと、三塁打と犠飛で失点を重ねた。監督は「状態は悪いですね」と残念そうだった。
 今後の中継ぎ起用について、与田投手コーチは「状態を見ながら考える」と慎重に語った。


2017年09月13日水曜日


先頭に戻る