岩手のニュース

<ILC>国へ働き掛け強化を 経済団体、岩手知事に要望書

 岩手県商工会議所連合会は12日、岩手県庁を訪れ、超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の地元誘致に向けて国への働き掛けを強化するよう求める要望書を達増拓也知事に提出した。
 ILCは岩手、宮城両県にまたがる北上山地が国内候補地に挙がっているが、政府は誘致の判断を明らかにしていない。要望書は、国内誘致の方針を早期に決定するよう求めている。
 谷村邦久会長は「文部科学省の有識者会議で議論が深まっている。県と共に国への働き掛けを強めていきたい」と語った。
 達増知事は「ILCは地方創生に寄与し、日本全体にも大きな効果がある。関係機関と連携して働き掛け、受け入れ環境の整備にも取り組む」と応じた。
 要望書はこのほか、東日本大震災や昨年の台風10号豪雨災害からの復興支援などを求めた。


2017年09月13日水曜日


先頭に戻る