宮城のニュース

<宮城知事選>村井氏支援県議の会発足 自公35人

 任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)で、4選を目指す村井嘉浩知事(57)を支援する県議の会が13日、発足した。欠員を除いた議員58人のうち、最大会派の自民党・県民会議、公明党県議団などの35人が加わった。
 仙台市青葉区の江陽グランドホテルで設立総会があり、村井知事も出席。会長に安藤俊威氏(自民)、副会長に庄子賢一氏(公明)をそれぞれ選出し、知事の後援会と連携して選挙戦を支援する方針を決めた。
 村井知事は「多選批判がある中、立候補するわがままに理解をいただいた。当選し、県民のために汗を流したい」と訴えた。
 安藤会長は7月の仙台市長選で野党各党が推した郡和子氏(60)の当選に触れ、「まだ相手は決まっていないが油断できない。絶対負けられない」と呼び掛けた。


2017年09月14日木曜日


先頭に戻る