宮城のニュース

<仙台駅西口>日曜限定「駅前マルシェ」開設 総菜や菓子の屋台出店、中高年層の集客狙う

駅前マルシェが開催されるイービーンズと仙台パルコ2の間のスペース

 仙台駅前商店街振興組合は17日、若者でにぎわうJR仙台駅西口に幅広い世代を呼び込み、集客力をさらに高めようと日曜限定の市場「駅前マルシェ」を開設する。10月以降、毎月第3日曜に定期開催し、参加店を増やしていく方針。
 開設場所は商業ビル「イービーンズ」と、昨年7月に開業した仙台パルコ2の間のスペース。17日は総菜や水産物、菓子などを販売する16の屋台が出店する。
 会場西側に隣接する仙台朝市は、日曜に大半の店が休みとなり、人通りがほとんどなくなる。駅前マルシェは、市民の台所として中高年層を中心に人気の高い仙台朝市の「代役」として期待される。
 仙台商工会議所と仙台市が5月に実施した市中心部の通行量調査によると、仙台パルコ2とエスパルを結ぶペデストリアンデッキは、金曜が各調査区間の中で2番目に多かったが、日曜は3番目だった。中高年層や家族連れが他区間より少ないためとみられる。
 駅前マルシェの横山一作実行委員長(42)は「家族連れなど若者以外でも楽しめる駅前商店街にしたい」と話す。17日の開設時間は午前10時〜午後6時。連絡先は駅前商店街振興組合022(263)3917。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月14日木曜日


先頭に戻る