宮城のニュース

街彩る緑住民が施肥 山元・つばめの杜

樹木に肥料をまく「つばめの杜公園管理会」のメンバー

 山元町の新市街地、つばめの杜地区にあるつばめの杜中央公園で5日、住民組織「つばめの杜公園管理会」が公園内の樹木に肥料をまくなどの手入れ作業を行った。
 管理会のメンバー約10人が参加した。宮城大食産業学群の斉藤秀幸助教からアドバイスを受けながら、適切な量の肥料をまいた。
 管理会は今春発足。メンバーは昨年度、同町で復興支援をしている宮城大山元復興ステーションスタッフらとワークショップを重ね、公園の使用ルールや管理方法を話し合ってきた。
 管理会の千尋正志副会長(70)は「弱っている木がかなりある。せっかく会ができたので、住民でできることをやっていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月15日金曜日


先頭に戻る