宮城のニュース

<楽天>島内先制ソロも空砲 逆転負けで2連敗

6回西武1死一、二塁、中村に逆転の3点本塁打を許し、与田コーチ(92)から降板を告げられる東北楽天先発の藤平(中央)=コボパ宮城

 東北楽天は逆転負けし、2連敗。新人の先発藤平が3−1の六回に中村の3ランで逆転を許し、2番手高梨が犠飛でさらに1点を奪われた。藤平は六回途中4失点で3敗目を喫した。
 打線は二回に島内の14号ソロで先制し、四回にはウィーラーの適時打などで2点を加えたが、五回以降は振るわず、得点できなかった。
 西武は2連勝。先発十亀が6回3失点の粘投で8勝目。2番手牧田ら救援陣が反撃をかわした。

 東北楽天−西武22回戦(西武14勝7敗1分け、18時、Koboパーク宮城、26,451人)
西  武000014020=7
東北楽天010200000=3
(勝)十亀18試合8勝5敗
(敗)藤平5試合2勝3敗
(本)島内14号(1)(十亀)=2回、中村26号(3)(藤平)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(8月30日以来の遊撃守備に就く)>
 「まだ全然自分の感覚で投げられていないし、足も使えていない。自分のところに飛んでこいという感じにはなっていない。まだまだ練習が必要。試合に出る中で状態を上げていきたい」

☆梨田の話ダ

<迷わなかった>
 「五回までで球数は100球。115球から120球は投げてほしいと思っていた。(六回先頭の)山川(富士大出)、浅村はタイミングが合っていないことからも、続投させた。迷わなかった」(藤平を六回も投げさせた判断について)


2017年09月14日木曜日


先頭に戻る