宮城のニュース

<東北電力>女川原発に建設中の防潮堤公開 高さ海抜29mで国内の原発では最大

女川原発の海抜29メートルの防潮堤

 東北電力は14日、女川原発(宮城県女川町、石巻市)に建設中の防潮堤を報道各社に公開した。高さは海抜約29メートルで国内の原発では最大となる。大規模工事はほぼ終わり、2018年度後半までに完成する予定。
 敷地内の海抜14メートルの地点に築いた。全長800メートルのうち約680メートルは、鋼管のくい168本を地盤に打ち込み、鋼板を取り付けた。残りはセメント改良土を盛ってかさ上げした。
 女川原発に襲来する津波の高さについて、原子力規制委員会は新規制基準適合性審査で海抜23.1メートルとの想定を了承した。東日本大震災では約13メートルの津波が到達したが、敷地内に乗り越えてくることはなかった。
 今春搬入されたフィルター付きベント(排気)装置や、冷却機能を強化する大容量淡水貯水槽も公開。菅原勲所長代理は「今後もしっかり安全性向上に努める」と述べた。
 東北電は女川2号機の再稼働を目指し、18年度後半までに防潮堤を含む新基準に対応した安全対策工事を完了させる予定。工事費は東通原発(青森県東通村)と合わせて三千数百億円を見込む。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月15日金曜日


先頭に戻る