宮城のニュース

登米で展示会 絵画や彫刻52点を堪能

油彩や日本画などの優れた作品が並ぶ

 登米市内の河北美術展入選経験者らの作品を展示する「登展実行委員会展」が同市の登米祝祭劇場で開かれている。18日まで。
 同劇場で毎春開催される美術展「登展」の実行委員11人が出品する初の作品展で、油彩や日本画、彫刻など52点が並ぶ。河北美術展顧問の亀井陽逸実行委員長(69)は「ベテランが手掛けた絵画や彫刻を堪能してほしい」とPRする。
 午前9時半〜午後5時(最終日は午後3時まで)。入場無料。連絡先は同劇場0220(22)0111。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月16日土曜日


先頭に戻る