岩手のニュース

<盛岡秋まつり>勇壮に街練り歩く 山車8基、歌舞伎を再現

華やかな山車が中心部を練り歩いた盛岡秋まつり
迫力ある山車が中心部を練り歩いた盛岡秋まつり=14日、盛岡市の盛岡八幡宮

 藩制時代から300年以上続く「盛岡秋まつり」が14日、市中心部で始まった。初日は爽やかな秋空の下、歌舞伎の名場面などを再現した山車8基が練り歩く「八幡下り」があった。
 各町内会の山車は、歌舞伎の演目「矢の根」や源平合戦の一場面を人形や鮮やかな飾りで表現。太鼓や笛の音、引き手による「ヤーレ、ヤーレ」の掛け声とともに盛岡八幡宮(はちまんぐう)を出発し、街に繰り出した。
 盛岡市の会社員晴山祥香(しょうこ)さん(28)と長男瑛聡(あきと)ちゃん(5)は「人形の大きさにびっくりした。飾り付けがきらきらしていてきれいだった」と話した。
 祭りは1709年、盛岡藩の城下23町の完成を祝って始まったとされる。15日は午後6時から大通商店街で「大絵巻パレード」、16日は午後1時から八幡宮境内で流鏑馬(やぶさめ)がある。


関連ページ: 岩手 社会

2017年09月15日金曜日


先頭に戻る