宮城のニュース

<宮城知事選>選管説明会 現職陣営など出席

 宮城県選管は15日、任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)の立候補予定者を対象とした説明会を県庁で開き、立候補届け出や政見放送の収録などについて説明した。
 4選を目指す村井嘉浩知事(57)の陣営のほか、対立候補の擁立を目指す市民団体「県民の県民による県民のための新しい知事を選ぶ会」、民進党県連、共産党県委員会の関係者が出席。多賀城市の会社員男性(69)も参加した。
 県選管の豊嶋潤事務局次長は「東日本大震災からの復興と、県政の進路を決める大切な知事選となる。明るく正しい選挙に協力してほしい」と呼び掛けた。


2017年09月16日土曜日


先頭に戻る