宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台の84歳女性 400万円被害

 仙台北署は15日、特殊詐欺で、仙台市青葉区の無職女性(84)が現金400万円とキャッシュカード1枚をだまし取られたと発表した。同署によると、孫を名乗る男から女性宅に12日、「会社の通帳が入ったバッグを盗まれた」「通帳を止められ、今日中に支払いがあるが200万円足りない」などと電話があり、女性は訪れた男に女性名義のキャッシュカード1枚を渡した。その後「キャッシュカードが止められ、下ろせない」との電話があり、女性は13、14日、訪れた男に現金計300万円を手渡した。女性のカードを使って12〜13日、現金100万円が引き出されていた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月16日土曜日


先頭に戻る