宮城のニュース

<ツール・ド・東北2017>銀輪の列、復興見守る 宮城沿岸舞台に開幕

切り立った岩肌が織りなす景勝地をバックに軽快に疾走する参加者=16日午前11時50分、東松島市宮戸

 東日本大震災からの復興の一翼を担う自転車イベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)が16日、宮城県沿岸を会場に2日間の日程で始まった。
 台風18号の接近に伴い雲が広がった初日は、新設の「奥松島グループライド&ハイキング」(70キロ)と、昨年に続き2回目の「牡鹿半島チャレンジグループライド」(100キロ)を実施。約480人のライダーが復興の息遣いを感じながら軽やかにペダルをこいだ。
 大会は今回で5回目。10人ほどのグループを作り、奥松島コースは午前9時半から順次、石巻市の石巻専修大を出発した。東松島市の宮戸島を周回し、途中、自転車を降りて大高森(標高105メートル)に登り、奥松島の景観を楽しんだ。
 沿道では地元住民がライダーを歓迎した。東松島市宮戸地区復興再生多目的施設「あおみな」では、地元産ノリと県産野菜などを使った「サラダのりうどん」が振る舞われた。ライダーは地元の人たちと交流を深めながら舌鼓を打った。
 牡鹿コースの参加者は午前8時半から、次々と牡鹿半島を目指した。


2017年09月16日土曜日


先頭に戻る