岩手のニュース

素材に岩手の特産品使用 簡易バッグ「サコッシュ」好評

岩手各地の素材でカジュアルスタイルに仕立てたサコッシュ

 盛岡市鉈屋町のジーンズショップ「KIDANA(キダナ)」が、岩手ならではの素材とデニム生地を組み合わせ製造販売する簡易ショルダーバッグ「サコッシュ」が好評だ。ファッション性の高いデザインで「岩手の素晴らしい素材の魅力を知ってもらいたい」と意気込む。
 サコッシュは、フラップ(ふた)生地に岩泉町で駆除されたシカの革や盛岡市の障害者就労支援施設「幸呼来(さっこら)Japan」の裂き織り、地元職人による絞り染めを採用した。肩ひもは幅を広くして掛け心地の良さも工夫した。
 店長の木棚裕永さん(46)と妻まゆみさん(49)の2人が製作。7月の商品化から約2カ月で30個ほどを売り上げ、問い合わせも続いているという。
 サコッシュは自転車のロードレースで飲料などを入れるバッグだったが、最近はファッションアイテムとして話題になっている。
 裕永さんは「地元の良い素材を取り入れ、普段着で使えるようにカジュアル風に仕上げた。岩手のファンを増やしたい」と話す。
 1万円(税抜き)。同店の通販サイトでも購入できる。連絡先はKIDANA019(654)6555。


関連ページ: 岩手 経済

2017年09月16日土曜日


先頭に戻る