広域のニュース

<コープ東北>フードバンク事業拡大を確認

 コープ東北サンネット事業連合(仙台市)が福祉施設などに食品や日用品を無償提供する「コープフードバンク」事業の報告会が14日、仙台市内であった。提供スポンサー企業を拡大していくことなどを確認した。
 コープ東北の宮本弘理事長が5年間のフードバンク事業を報告。2016年度の食品提供量は154トンで事業を始めた12年度の3倍超に増え、東北6県に活動が広がったことを伝えた。
 宮本理事長は「当初は認知度も低く規模も小さかったが、長く続けることで提供量も企業も増えていった。今後も継続し事業を拡大していきたい」と話した。
 コープ東北によると、事業に協力し、食品を提供する企業は95社、提供される福祉施設などは290団体に上る。


関連ページ: 広域 経済

2017年09月16日土曜日


先頭に戻る