宮城のニュース

<わたしの道しるべ>英語の減災パンフ作製

◎仙台白百合学園高3年 佐々木沙菜さん(17)=宮城県亘理町

 学校のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の活動で、英語の減災パンフレットを仲間3人と作りました。「LOOK before You Leap(転ばぬ先のつえ)」というタイトルは私たちのメッセージです。
 班に東日本大震災の被災地出身者がいて、1年時から災害弱者支援の課題を探求してきました。震災経験者にアンケートしたり、東北大の研究者を訪ねたりして内容を検討し、避難所への経路を書き込むスペースや災害時に必要となる易しい日本語を盛り込んでいます。何度も指導されながら英訳しました。
 本年度は作製過程で得た知識を防災に関するフォーラムで発表するほか、中国版にも挑戦します。全国各地で地域に合ったパンフレットを作ってもらえるとうれしいです。
 2020年の東京五輪を機に宮城県や東北のグローバル化が大きく進むと思います。震災の経験があるからこそ、外国人や高齢者ら災害弱者に目と心を向け、災害に強い街となるよう活動を続けていきたいです。


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る