宮城のニュース

こども園が通園記録し忘れた保護者に「罰金」 仙台市が返還指導

園が保護者に配布した文書(写真の一部を加工しています)

 仙台市太白区の幼保連携型認定こども園で、登園と帰園を記録するタブレット端末に入力し忘れた保護者に対し、園側が「ペナルティー」として保育料とは別の金銭を徴収していたことが16日、分かった。

 複数の保護者から相談を受けた市は、ペナルティー名目での徴収は不適切と判断。園に対し16日までに、徴収金を保護者に返還するよう指導した。
 園によると、園児の安全管理のため4月から、送迎時に保護者がタブレット端末に専用のICカードをタッチするか、手動入力で登園・帰園時刻を記録している。
 園は8月末〜9月初旬、保護者に7月分のペナルティーから徴収すると通知。入力忘れ1回につき200円で、2回目以降に保護者に請求していた。既に複数の保護者が支払っているという。
 取材に対し、園は「延長保育料を免れようと、預かり時間を過ぎても故意に記録しない保護者がいた。記録を徹底してもらうため徴収した」と強調。一方、市子供未来局は「ペナルティーが延長保育料とは確認できなかった。罰金のような形での徴収は不適切だ」と説明した。
 この園を巡っては、残業代未払いなどがあるとして保育士らが2月、市に改善指導を申し入れている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月17日日曜日


先頭に戻る