宮城のニュース

<ロッテ>仙台育英高出身・平沢、父の前でプロ初本塁打

9回ロッテ2死、平沢がプロ初本塁打となる右越えソロを放つ

 仙台育英高出身のロッテの平沢が故郷でプロ初本塁打を放った。途中出場して迎えた九回、小野の148キロ直球を力強いスイングで右翼席にはじき返した。東北楽天ファンからも温かい声援と拍手を受け「うれしい。(観戦に訪れた)父の前で打てて良かった」と笑顔で振り返った。
 昨年ドラフト1位で入団し、期待された2年目の今季もまだ遊撃手の定位置獲得には至っていない。「これを継続してやっていかないと。明日も切り替えてやっていきたい」と顔を引き締めた。


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る