宮城のニュース

<平昌への道>「合宿で自信」遠藤尚、意気込む モーグル日本チーム

練習でエアの感触を確かめる遠藤

 フリースタイルスキー、モーグルの日本チームが16日、長野県白馬村での合宿を公開した。男子の遠藤尚(宮城・忍建設)は「しっかりジャンプの完成度を高められた。平昌冬季五輪では悔いの残らない滑りを見せる」と意気込んだ。
 ウオータージャンプの練習では高さのあるエアを披露。12月から始まるワールドカップを控え、「合宿で自信は付いた。今後は雪上練習を重ね、感覚を上げていきたい」と語った。
 女子の星野純子(福島・リステル)も安定した姿勢のエアを見せるなど調整は順調。「課題を修正し、いい感触をつかんだ。五輪シーズンに向け、集中できている」と話した。
 合宿は9日に始まり、16日が最終日だった。(佐藤夏樹)


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る